請求書・納品書・各種手続き

ニュース

ニュース

【被災地のいま 第11回】みやぎ生協から被災地・宮城のいまをお伝えします

更新日:2014.07.07

ケアされない子どもたちへさらに支援を
 
子どもたちは、地震・津波の恐怖はもちろん、親や友人との離別など大人でさえ乗り越えるには困難な体験をしてきました。先ごろ河北新報社(宮城県に本社を持つ新聞社)が沿岸部の小中学校を対象に行った調査(※)では約7割の校長が「自校の児童・生徒に震災の影響と思われる問題がある」と答えています。

小林純子さん(災害子ども支援ネットワークみやぎ代表世話人)は、「震災後3年の間に再就職できたり自宅を建てたりして生活再建できた家庭と、未だに回復できていない家庭の状況はかなり異なり、それが子どもにも反映している」と言います。
震災で受けた心の傷が十分にケアされず、ストレスを溜めている子が多いこと。保護者の傷つき度合いが激しいほど子どもの気持ちは放置されがちなこと。そのなかで大人の様子を伺いながらじっと我慢している子どもたちが多いことを、小林さんは憂います。

また乳幼児へのケア不足も指摘します。「学校や幼稚園・保育園ではスクールカウンセラー、先生方が子どもを支えてきたが、乳幼児はそうした組織的なケアがなかったため、震災体験を強く引きずっている母子がいる」。
なかには母親がうつ状態となったため、震災後に生まれたにも関わらず無表情などのうつ症状が出ている乳幼児の例もあります。「津波や地震を体験しなかったから大丈夫なわけではない。震災の影響は後々まで引き継がれていってしまう。これから10年20年とずっと見守っていくことが必要」と小林さんは訴えます。

震災体験を語り継ぐ一方で、傷ついた心は引き継がないようケアしていく努力が、関係者はもとより周囲のすべての大人に求められているのかも知れません。
 

※河北新報社が2013年12月宮城県沿岸自治体15市町の公立小中学校245校を対象に実施した調査

「子どもたちの心のケアは専門家じゃなくても構わない、家の人や近所のおじさんおばさんなどがよく話を聞いてあげるだけでもいい」と小林さん。

「子どもたちの心のケアは専門家じゃなくても構わない、家の人や近所のおじさんおばさんなどがよく話を聞いてあげるだけでもいい」と小林さん。

くらしのサポート
  • 東日本大震災からの復旧・復興をめざして
  • 食のみやぎ復興ネットワーク
  • こ〜ぷふれあい便
  • 移動店舗 せいきょう便
  • コープフードバンク
  • くらしと家計の相談室
  • 社会福祉法人 こーぷ福祉会
  • 株式会社 宮城県学校用品協会
新型コロナ対策実施中!みやぎ生協
大学へ入学準備をお考えの保護者の皆様
全国各地の大学生協からのご案内
心地よい&楽しい暮らしのヒントが見つかる情報誌『SCOOOP![スコープ]』
〈東北の生協100店舗企画〉お得なキャンペーン
みやぎ生協フェイスブック
みやぎ生協の活動を動画で紹介!コープチャンネル
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
  • マイナビレディースブログ
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • コープふれあい便 02
  • フードバンクバナー
  • かんたんタブレット
  • シニアメンバーがお得!
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • COOPストーリー
  • マイプリント(宅配) 年賀はがき
  • ココエネ
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場