プロジェクト情報

プロジェクト情報

食のみやぎ復興ネットワークニュース第89号を発行しました

更新日:2016.07.05

――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――
                              
       食のみやぎ復興ネットワークニュース      
                              
              2016・7・5    第89号
                              
       最新情報をフェイスブックで発信中       
                              
――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――
==========私たちが目指すもの===========
◎喪失した生産基盤の復興・再生               
◎みやぎの新しい特産品づくり                
◎みやぎの食材を活用した商品づくり             
@みやぎの食産業を励ます商品づくり             
==============================
ネットワーク参加団体から届いた情報をお知らせします     
参加団体:242団体(7月5日現在)            
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
目次                            
1.募集・各種案内・報告                  
  これまでの取り組みの振り返りと今後の進め方       
2.古今東北(ここんとうほく)商品の紹介          
  古今東北夏ギフト(7種類)の予約承り中です       
3.古今東北 商品活動の報告                
  古今東北かおりなたね油                 
  古今東北菜の花オイルのドレッシング(和風・生姜・ねぎ塩)
  古今東北ほんのり香る菜の花はちみつ           
  古今東北菜の花はちみつ飴と仲間たち           
  古今東北つるんとわたりそば               
4.参加団体の被災地支援活動の紹介             
  みやぎ生活協同組合                   
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
――――――――――――――――――――――――――――――
1.募集・各種案内・報告                  
――――――――――――――――――――――――――――――
                              
◇これまでの取り組みの振り返り               
 食のみやぎ復興ネットワークは東日本大震災で大きな被害を受け
 た宮城県内の農業・漁業関係者や食品関連産業者が、互いに励ま
 し合いながら地域の産業復興の一翼を担うことを目的として、宮
 城県産消提携推進協議会の呼びかけで2011年7月に結成され
 ました。この取り組みも今年で6年目を迎えました。当ネットワ
 ークではこれまで、全国から寄せられた様々な支援の窓口として
 被災地と全国をつなぐとともに、参加団体から寄せられた被災地
 支援活動(ふるまい企画等)のサポートや地場産品の普及促進活
 動(つくる・たべる・ずっとつながるキャンペーン・商品開発普
 及プロジェクト活動等)に取り組んできました。皆様に支えられ
 たこれらの取り組みは第43回日本農業賞食の架け橋部門奨励賞
 の受賞や、行政団体が発行する各種白書で活動が紹介されるなど
 社会的にも大きな関心を集めました。農業賞受賞を伝える報道で
 は、「震災前の状態を復活させるだけでなく、新たに特産品を生
 み出し、地域の魅力を掘り起こしている」と評価されました。 
 15年4月、食のみやぎ復興ネットワークの取り組みを継承した
 株式会社東北協同事業開発が設立され、同年11月には新ブラン
 ド「古今東北」が誕生しました。古今東北は東北地方の震災復興
 と経済活性化、東北の美味しさを届けるブランドです。食のみや
 ぎ復興ネットワークの「なたねプロジェクト」や「わたりのそば
 プロジェクト」から生まれた商品も古今東北ブランドで発売され、
 全国に向けて発信されています。震災後の5年間に積み上げた取
 り組みは「古今東北」の取り組みにつながりました。     
                              
◇2016年度の取り組みの進め方              
 震災から5年の日々が過ぎました。被災地の復興の様相は大きく
 変化し、当ネットワークに求められる役割も大きく変化してきて
 います。2016年度は、当ネットワークの呼びかけ団体であり、
 食糧自給率の向上をめざし日本と宮城県の農・水・畜産業とその
 加工業、及び生産者の暮らしを守る国民合意の運動を進める宮城
 県産消提携推進協議会が取り組む活動と連動した取組みを進めて
 いきます。あわせて、当ネットワークの事務局機能を同推進協議
 会の事務局であるコープ東北産直推進室で担うこととし、課題に
 応じて株式会社東北協同事業開発、コープ東北商品部が分担して
 その役割を果たしていきます。これまで食のみやぎ復興ネットワ
 ーク事務局が進めてきた各種取り組みは以下の担当者に引き継が
 れます。                         
 ・ボランティア活動の受付窓口機能:コープ東北産直推進室  
 ・各団体のふるまい企画の窓口機能:コープ東北産直推進室  
 ・めぐみ野交流集会での食べ方提案:コープ東北産直推進室  
 ・地場素材を活用した商品作り:東北協同・コープ東北商品部 
 ・プロジェクトイベント開催:コープ東北産直推進室・東北協同
                              
 引き続き皆様のご協力を頂きながら活動を進めて参ります。  
                              
 ―――――――――――――――――――――――――――――
2.古今東北(ここんとうほく)商品の紹介          
――――――――――――――――――――――――――――――
                              
◇はじめに                         
 食のみやぎ復興ネットワークの取り組みから生まれた新ブランド
 「古今東北(ここんとうほく)」。東日本大震災からの復興と東
 北振興への思いを込めて、時を超えた東北の美味しさを届ける商
 品たちです。昨年11月の発売開始から7ヵ月が経ちました。 
 11月に発売したのは38品目。その後発売開始したアイテムは
 22品目となり合計で60アイテム+ギフト7アイテムとなりま
 した。今年度中に100アイテムを目指して商品開発を進めてい
 ます。あわせて販路拡大にも取り組み、コープ東北の店舗と共同
 購入の他にも、コープ九州、コープこうべ、コープCSネット、
 東都生協、鳥取県生協でも古今東北商品の取り扱いが準備されて
 います。また、生協関係以外にも販路を拡大中で、5月からは福
 島県いわき市を中心に業務展開するスーパーマーケット「マルト」
 でも古今東北商品の取り扱いが始まりました。東北協同では引き
 続き、震災復興、東北地方の経済活性化の思いを込めて商品開発
 と販路の拡大を進めていきます。参加団体の皆様からの商品提案、
 取り扱い先のご紹介をお待ちしております。         
                              
◇古今東北夏ギフトの予約承り中です             
 コープ東北が取り組む夏ギフトに「古今東北ギフトセット」が登
 場しました。被災地復興の思いを込めた7アイテムの予約を承り
 中です。ご注文の受付期間は6月11日から7月31日、お届け
 期間は7月1日から8月16日までです。被災地を元気づける古
 今東北商品で東北の美味しさをお届けします。コープ東北の店舗
 と共同購入でご案内です。どうぞご利用下さい。       
 ①古今東北宮城県気仙沼産亀洋丸とろっとかつお刺身     
  生きたまま船上で急速冷凍した極上の戻りかつおを冷凍のまま、
  お刺身用に加工しました。約1.2kg(3~4筋背・腹込み)
  4980円+税(送料込み)冷凍品:賞味期限60日    
 ②古今東北復興石巻十三浜セット              
  津波被害を乗り越えて、若いみやぎの漁師たちが立ち上がりま
  した。若手漁師集団(フィッシャーマンジャパン)が手がけた、
  高品質の塩蔵わかめと手作りの結び昆布です。しゃきしゃき塩
  蔵わかめ5袋、ぷりぷり結び昆布5袋。          
  3000円+税(送料込み)冷蔵品:賞味期限90日    
 ③古今東北復興三陸海鮮セット               
  東日本大震災で大きな被害を受けた三陸沿岸。再建した水産加
  工場から東北の美味しい味をお届けします。復活した三陸の海
  の幸をお楽しみください。三陸産じっくり熟成さば味噌煮2袋、
  三陸産かつおおかか煮2袋、岩手県産とろっといかソーメン2
  袋、三陸産昆布・いか使用しゃきっと松前漬け2袋     
  3800円+税(送料込み)冷凍品:賞味期限90日    
 ④古今東北復興つるんと乾麺セット             
  津波で大きな被害を受けた宮城県南部の亘理地方で育ったソバ
  を美味しい乾麺に仕立てました。宮城県産小麦(あおばの恋)
  を使った宮城伝統の名産品「白石温麺」とのセットです。夏の
  冷やし麺をお楽しみください。宮城県亘理産蕎麦粉使用つるん
  とわたりそば4袋、宮城県産小麦(あおばの恋使用)スルッと
  白石温麺2袋                      
  2500円+税(送料込み)常温品賞味期限365日    
 ⑤古今東北復興香りセット                 
  震災後、宮城県南部の岩沼市で始まった菜種栽培。塩害を克服
  した農地から収穫された菜種を絞った菜種油とそれを原料にし
  たドレッシング3種に、気仙沼で再建された水産工場で作ったピ
  リ辛ツナ缶を詰め合わせました。宮城県岩沼産なたね使用かお
  りなたね油930g1缶、宮城県岩沼産なたね使用菜の花オイ
  ルのドレッシング150ml(和風・生姜・ねぎ塩)各1本、
  宮城県気仙沼産しっとりびんちょうピリ辛ツナ缶75g2缶 
  3500円+税(送料込み)常温品賞味期限365日    
 ⑥古今東北復興バラエティーセット             
  東北の豊かな大地と海から産まれた商品の詰め合わせ。震災被
  害を乗り越えて再建された工場から産まれたピリ辛ツナ缶やと
  ろろ昆布、被災地を彩る菜の花から採れた蜂蜜で作った仙台駄
  菓子の飴などバラエティー豊かにセットしました。東北産大豆
  使用黒ごまアーモンドこんがりきな粉90g1袋、東北産大豆
  使用くるみ黒糖こんがりきな粉90g1袋、岩手県田老産とろ
  んととろろ昆布(根昆布入り)30g×2袋、宮城県産菜の花
  はちみつ飴と仲間たち100g2袋、宮城県気仙沼産しっとり
  びんちょうピリ辛ツナ缶75g2個            
  2500円+税(送料込み)常温品賞味期限240日    
 ⑦古今東北復興ほろよいセット               
  岩手県大槌町で津波で流され、盛岡で再建された蔵元が仕込ん
  だ純米酒、東北産原料を使った米焼酎、ワインをセットしまし
  た。岩手県盛岡産赤武のとろんと純米酒720ml1本、宮城
  県産米使用香る米焼酎「べにのほほ」25度720ml1本、
  山形県産ほんのり甘いナイアガラわいん720ml1本   
  4200円+税(送料込み)常温品            
                              
――――――――――――――――――――――――――――――
3.古今東北 商品活動の報告                
――――――――――――――――――――――――――――――
食のみやぎ復興ネットワークの震災復興への思いを継承した古今東
北商品を巡る取り組みを紹介します。             
                              
◇なたねプロジェクト                    
 古今東北かおりなたね油                  
 古今東北菜の花オイルのドレッシング(和風・生姜・ねぎ塩) 
 古今東北ほんのり香る菜の花はちみつ            
 古今東北菜の花はちみつ飴と仲間たち            
 震災後、岩沼で始まった菜種栽培を応援する「なたねプロジェク
 ト」。今年も様々な取り組みが始まっています。       
 5月6日(金)岩沼市早股の農地で今年も「菜の花と菜種を愛で
 る会」を開催しました。満開に咲きそろった菜の花畑に関係者が
 集まり、これまでの取り組みをふり返りながら交流の時間を持ち
 ました。当日の参加者は170名。活動に参加する団体をマイク
 でつなぐ「リレートーク」の後、昨年収穫された菜種から絞った
 なたね油で揚げた天ぷら、古今東北菜の花オイルドレッシングで
 味付けしたローストビーフ、川向かいの亘理町の名産品に育った
 「古今東北つるんとわたりそば」、宮城県産米のおにぎりが振る
 舞われました。震災直後に塩害農地対策として植えられた菜種。
 春に広がる菜の花畑は地域の風物詩として多くの方々を癒やし、
 収穫された菜種は近隣の加工業者の手によって様々な形に姿を変
 えて被災地復興を願う全国の方々に利用されています。今年の作
 付面積は3.8ヘクタール。天候にも恵まれ昨年並みの収穫が見
 込まれています。7月上旬に収穫される菜種は乾燥後、二本松市
 の搾油メーカーで搾油され、ビン(缶)詰め菜種油、ドレッシン
 グに加工される予定です。菜の花畑から養蜂業者(丸森町)が今
 年集めたはちみつの量は約70kg。今年も古今東北菜の花はち
 みつ飴の原料に使用されます。菜種の種まきの時期は10月上旬。
 今年は玉浦西地区を走る県道沿いの圃場に種を蒔きます。この地
 区は岩沼市の沿岸部で被災された方々の集団移転先のすぐ近くで
 す。「移転先で新しいスタートを切った方々の心を和ませたい」
 と生産者の佐藤さんが語っています。塩害対策から始まった取り
 組みが、地域の新しいコミュニティーづくりを応援する取り組み
 としても注目されています。6月26日(日)10時5分からN
 HK総合テレビで放映されるた明日へつなげよう~復興サポート
 ~」でもこの取り組みが紹介されました。          
                              
◇わたりのそばプロジェクト                 
 古今東北つるんとわたりそば                
 津波で大きな被害を受けた亘理郡で蕎麦の栽培に取り組む生産者
 をみんなで応援する「わたりのそばプロジェクト」。生協メンバ
 ーと生産者による種まき会、関係者が一堂に会しての花見会など
 のイベント開催、生麺や乾麺の商品化を通じて地域の新しい特産
 品づくりに取り組んでいます。昨年収穫されたソバは地元メーカ
 ーで製粉後、「古今東北つるんとわたりそば」に加工され、全国
 の方々に利用されています。震災の爪痕が残る13年6月に始ま
 ったこの取り組みは今年で4年目を迎えます。8月にソバの種を
 播き、9月にはきれいなソバの花畑が広がります。今年もソバの
 花が咲きそろう時期に山元町沿岸部の圃場で花見会を開催するこ
 とになりました。様々な団体の皆様のご協力を頂きながら被災地
 亘理を盛り上げたいと考えています。企画のアイディアを事務局
 までお寄せ下さい。                    
 企画:わたりのそばの花見会                
 日時:16年9月7日(水)11時~12時30分      
 会場:(花見会)深山山麓「少年の森」(山元町山寺字新山85)
 会場:(交流会)JA亘理米倉庫(山元町高瀬字古谷地2)  
 内容:関係者によるリレートーク。地元ソバ道場メンバーによる
    そば打ちと試食。古今東北商品の試食のふるまい。   
                              
――――――――――――――――――――――――――――――
4.参加・応援団体の被災地支援活動紹介           
――――――――――――――――――――――――――――――
◇みやぎ生活協同組合                    
 福岡県温生活協同組合エフコープからの要請を受け、子会社の株
 式会社東北協同事業開発から職員2名を現地に派遣しました。期
 間は5月19日から20日までの2日間、熊本県嘉島町の町民体
 育館、熊本県南阿蘇村の南阿蘇中学校に開設されている避難所で
 「古今東北つるんとお米はっと」を使った宮城の郷土料理「はっ
 と汁」の炊き出し(合計1000食)と古今東北ピリ辛ツナ缶の
 配布を行いました。避難所の皆さんからは大好評で、「宮城から
 きてくださってありがとう」、「汁物があるとお弁当がおいしく
 食べられる!」などの声をかけて頂きました。普段は冷たいお弁
 当のみだったので大変喜ばれました。みやぎ生協では今回の派遣
 以外にも支援物資の提供や支援募金の呼びかけなどに取り組み、
 熊本地震被災地への支援活動を続けていきます。       
                              
――――――――――――――――――――――――――――――
◇あとがき                         
――――――――――――――――――――――――――――――
                              
◇事務局変更のお知らせ                   
 これまで事務局を担当しておりました藤田孝は7月21日より、
 コープ東北機関運営部に異動となります。これまで5年間大変お
 世話になりました。食のみやぎ復興ネットワークの設立から現在
 に至るまで、皆様の支えを頂きながら、様々な取り組みに携わら
 せて頂きました。心より感謝申し上げます。他部署への異動とな
 りますが、引き続き宮城、そして東北地方の震災復興、経済活性
 化の思いを胸にして職務に当たらせて頂きます。       
 なお、7月21日からは以下の担当者が対応させて頂きます。 
                              
 ①商品に関わる担当                    
  株式会社東北協同事業開発 営業担当課長 齋藤拓次    
  電話:080-5849-6928            
  メールアドレス:sn.m14432ts@todock.jp          
                              
 ②ふるまい企画・各種イベントに関わる担当         
  コープ東北サンネット事業連合 産直推進室室長 釣舟隆一 
  電話:080-5849-6222            
  メールアドレス:sn.m10678rt@todock.jp          
                              
◇次号からの配信について                  
 次号から食のみやぎ復興ネットワークに関する情報はコープ東北
 産直推進事務局が毎月1日に発効する「月刊めぐみ野」の中で、
 紹介させて頂きます。引き続き、ご登録のメールアドレスに送信
 させて頂きます。                     
                              
◇送信先の変更、追加等は事務局までメールで御連絡ください。 
                              
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
                              
食のみやぎ復興ネットワークニュース             
  〒981-3112宮城県仙台市泉区八乙女4-2-2       
  みやぎ生活協同組合八乙女本部2階            
  株式会社東北協同事業開発内               
  食のみやぎ復興ネットワーク事務局 (担当:藤田孝)   
【e-mail 】sn.m31216tf@todock.jp              
【ホームページ】https://www.miyagi.coop/hukkounet/        
【業務用携帯 】080-5849-6347                
【ファクシミリ】022-218-3145                
                              
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

生協の商品
  • コープの産直は産消直結『めぐみ野』
  • 顔とくらしの見える産直『めぐみ野』商品
  • めぐみ野 旬菜市場
  • 食の安全・安心
  • コープ商品
みやぎ生協『メンバー加入』WEB申込み受付中!
振替口座のご登録はコチラ
メンバーとみやぎ生協でつくる広報&生活情報誌『RaKu:Me(ラクミー)』
〈東北の生協100店舗企画〉お得なキャンペーン
みやぎの赤ちゃんへ贈ります。『すくすくばこ』
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバー登録が10万人を突破!60才になったらシニアメンバーがお得!
  • ベガルタ仙台レディース
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • ご予約メニュー 201811
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • レシピサイト
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場