めぐみ野レポート

めぐみ野レポート

「お知らせ」【めぐみ野 米だより】2020年 第13週号 バケツ稲

更新日:2020.06.12

【バケツ稲】
5月31日(日)に「バケツ稲」の配布が行われました。今年度は、新型コロナウィルス感染予防のため、生産者さんが来店しての講習会は行われずにバケツ稲の栽培キットのみの配布になりました。秋の「バケツ稲栽培コンテスト」は行う予定です。秋の会えるまでバケツ稲大事に育ててくださいね。

JAみやぎ仙南角田営農センターとJA新みやぎ田尻営農センターでも、皆さんに配布したのとおなじようにバケツ稲を育てています。

これからの注意点】
・6月中は茎が増える時期です。水は土から5cm上を目安として水を切らさないようにしてください。

・バケツの水の表面にアオミドロなどが発生した場合は水を捨ててきれいな水と取り換えてください。
・葉っぱの先が枯れてしまっても真ん中から新しい葉っぱが出ていればし心配ありません。
 
田尻地区の田んぼ
6/1(月)、田尻地区で第1回めぐみ野米の生育調査が行われました。生育調査は「ひとめぼれ」「ささにしき」「つや姫」の3箇所の田んぼで行われました。生育は順調に進んでいて現在は平年並みになっています。

角田地区の田んぼ
6/12田植えが行われた舘島田生産組合さんの田んぼです。順調に草丈も伸び、茎の本数も増えてきています。これからどんどん暑くなって「アオミドロ」などの藻が出て増えすぎると稲にも影響を与えてしまうので見回りと水管理で生産者さんも気を抜けない日々が続きます。
 
6月2日に宮城県が発表した「水稲の生育状況(6月1日現在)」によると、宮城県全体の平均で、草丈が前年比 88%、平年比87%、茎数が前年比 75%、平年比77%、葉数は前年差、平年差ともに-0.6枚と生育はやや遅れているとのことです。この要因は、5月中旬の強風や低温によって、植え傷みや初期生育の抑制が見られ、生育の若干の遅れにつながっているとのことです。

        ~これからも「めぐみ野」の仲間たちを よろしくお願いいたします~

生協の商品
  • コープの産直は産消直結『めぐみ野』
  • 顔とくらしの見える産直『めぐみ野』商品
  • めぐみ野 旬菜市場
  • コープ商品
  • 古今東北
  • 食の安全・安心
心地よい&楽しい暮らしのヒントが見つかる情報誌『SCOOOP![スコープ]』
〈東北の生協100店舗企画〉お得なキャンペーン
みやぎ生協フェイスブック
みやぎ生協の活動を動画で紹介!コープチャンネル
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバーがお得!
  • ベガルタ仙台レディース
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • ココエネ
  • 2020こーすけキャラ弁コンテスト
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • プリントサービス(共同購入) 通常
  • COOPストーリー
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場