交流イベントレポート

交流イベントレポート

【第2回 わが家の味噌つくり体験】 田んぼの生き物調査をおこないました!

更新日:2019.06.21

6月9日 わが家の味噌つくり体験 生き物調査

6月9日 わが家の味噌つくり体験 生き物調査

 わが家の味噌つくり体験の田んぼの生き物調査が、6月9日(日)JAみどりの田尻地区で行われ、25家族97人が参加しました。
 田んぼの生き物調査は、5月、田植えをした田んぼにどんな生き物がいるのかを調べました。講師の大崎市世界農業遺産推進課の鈴木耕平さんから、
虫取り網で生き物をつかまえる時は、そっとすくうようにすると良いと教わりました。子どもたちは、田んぼのなかを歩きまわり夢中でオタマジャクシ・ヤゴ・ザリガニなど27種類のたくさん生き物を見つけることができました。その後、鈴木耕平さんから田尻の伝統的農耕文化と持続可能な農業・食料についてと渡り鳥の楽園・ラムサール条約湿地について学習しました。昼食交流会では、「めぐみ野」米についてお話を聞きました。

 午後は、畑で玉ねぎ収穫作業と大豆の種まき作業を行いました。大きく育った玉ねぎを収穫しました。次の作業は味噌つくりの原料となる大豆の種まき作業です。幅は20cm間隔、深さは指の第一関節くらいを目安に、2か所の畑をみんなで協力して種をまきました。

6月23日(日)は、志津川かき生産者との交流会になります。

生き物調査開始!

生き物調査開始!

オタマジャクシ・ヤゴ・ザリガニなど全27種類の生き物を見つけることができました!

オタマジャクシ・ヤゴ・ザリガニなど全27種類の生き物を見つけることができました!

講師の大崎市世界農業遺産推進課の鈴木耕平さんから田尻の伝統的農耕文化と持続可能な農業・食料など講和

講師の大崎市世界農業遺産推進課の鈴木耕平さんから田尻の伝統的農耕文化と持続可能な農業・食料など講和

昼食交流会 「めぐみ野」米についてのお話し

昼食交流会 「めぐみ野」米についてのお話し

玉ねぎの収穫作業

玉ねぎの収穫作業

たくさんの玉ねぎを掘りおこしました!

たくさんの玉ねぎを掘りおこしました!

みんなで一直線に並び、大豆を協力してまきました

みんなで一直線に並び、大豆を協力してまきました

大豆の種をなかよく分けあってまきました

大豆の種をなかよく分けあってまきました

畑でもカエルをつかまえました!

畑でもカエルをつかまえました!

生協の商品
  • コープの産直は産消直結『めぐみ野』
  • 顔とくらしの見える産直『めぐみ野』商品
  • めぐみ野 旬菜市場
  • コープ商品
  • 古今東北
  • 食の安全・安心
メンバーとみやぎ生協でつくる広報&生活情報誌『RaKu:Me(ラクミー)』
〈東北の生協100店舗企画〉お得なキャンペーン
みやぎの赤ちゃんへ贈ります。『すくすくばこ』
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバー登録が10万人を突破!60才になったらシニアメンバーがお得!
  • ベガルタ仙台レディース
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • プリントサービス(共同購入)
  • COOPストーリー
  • レシピサイト
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場