プレスリリース

プレスリリース

2016.3.11(金) 東日本大震災を忘れないつどい あわせて震災学習・資料室リニューアル

更新日:2016.03.03

3.11を忘れないつどい 開催

東日本大震災以来、みやぎ生協では毎年3月11日に「震災を忘れないつどい」を開催しています。東日本大震災で犠牲になった方々を追悼し、震災を忘れることなく、みやぎ生協が当時行った様々な取り組みや社会的責任を役職員全員で共有し、後世に伝えていくことを目的としています。
 当日は、これまで多大な支援を頂いた日本生活協同組合連合会会長と、阪神・淡路大震災以来交流を続けてきたコープこうべ組合長理事をご来賓としてお迎えするほか、古今東北商品の製造業者からお2人にお越しいただきます。
<つどい概要>
日時 2016年3月11日(金)14:45~16:30(受付開始14:00)
場所 みやぎ生協文化会館ウィズ2階会議室(仙台市泉区八乙女4-2-2)
参加者
約200人
<来賓>
・日本生活協同組合連合会 会長 浅田克己 様
・生活協同組合コープこうべ 組合長理事 本田英一様
<古今東北商品の製造業者>
・株式会社ミヤカン 代表取締役社長 寺田正志様(気仙沼市)
・株式会社阿部長マーメイド食品 仙台営業所 課長 山田洋平様 (気仙沼市)
<みやぎ生協>
・理事長 宮本弘  ・専務理事 大越健治
・現役員  ・顧問  ・各事業所長、各部部長
次第 14:45 開会
14:46 1分間の黙祷 (全店舗、全事業所でも行います)
14:47 震災後の記録VTR上映(10分)
14:59 開会あいさつと被災地の現状報告/みやぎ生協 理事長 宮本弘
15:20 ご来賓あいさつ
15:35 職員報告/震災当時の所属長
●当時の石巻大橋店店長 三浦和広 (現岩切店店長)
●時の共同購入気仙沼支部長 三浦直輝 (現共同購入迫センター長)
15:50 「ボランティアセンターの活動紹介」/仙南ボランティアセンター長
地域代表理事 高橋誠子
16:05 古今東北商品の製造業者からの報告
16:25 閉会のあいさつ/みやぎ生協 専務理事 大越健治
16:30 閉会


東日本大震災学習・資料室 リニューアルオープン
 
<東日本大震災学習・資料室>
未曾有の甚大な被害をもたらした東日本大震災を風化させず、みやぎ生協が取組んだことや職員の思い、全国の生協やお取引先からの支援や激励などを後世に伝え、みやぎ生協が現在行っていることを理解していただくために2013年3月5日に開設しました。
これまでの入場者数は約5,100人です。みやぎ生協役職員やメンバーはもちろん、全国の生協、お取引先様、行政、教育関係の方々にもお越しいただいています。
 
311日(木)リニューアル>
震災が起こってから5年が経とうとする中で、東日本大震災の風化が進んでいます。震災を忘れないために、リニューアルし3月11日(金)にオープンします。
 
~改装ポイント~
1.入口の壁にデジタルサイネージ(映像の電子掲示板)を設置して被災状況などの映像を流し、その横に当時の新聞をパネル化して掲示する。
2.津波で破壊された町の写真と被災前の写真を並べるほか、福島原発の写真などを掲示する。
3.発災直後、みやぎ生協の店長や共同購入センター長が取った行動や思いをパネル化して掲示する。
4.発災後に発行した「災害対策本部ニュース」「マスコミリリース」、共同購入の再開第1号チラシ、店舗の復興応援チラシなど、当時使用した実物を掲示。
 

参考【みやぎ生協 復興への取組み】
 
<2011年5月に設置 県内4ヶ所のボランティアセンター>
民生委員やNPO、お取引先企業様などと連携しながら、被災者支援に取り組んでいます。各ボランティアセンターがボランティアとともに運営している「ふれあい喫茶」は、一緒にお茶を飲みながらほっとするコミュニティ形成の支援として、県内47か所で定期的に開催しています。当初、仮設住宅集会所での活動が中心でしたが、最近はみやぎ生協店舗などでの取組みが広がっています。これまでにのべ2千回を超え、2015年11月末時点ではサロン活動への参加者が述べ10万人を超えました。
 
<手作り商品カタログの発行>
東日本大震災で被災された方の生活再建や生きがいづくりの支援を目的に、みやぎ生協が2012年から発行しています。販売金額は2015年12月末までの累計で1,600万円を超えています。
第4弾からは石巻のNPO法人「応援のしっぽ」が一括して注文の受付、納品を行う『“新”手作り商品カタログ』のVol.1として新たにスタートを切り、最新号のVol.5で第8弾まで発行しています。

<食のみやぎ復興ネットワークと古今東北>
東日本大震災で被害を受けた宮城県内の農・水産物生産者や食品製造・加工業者、みやぎ生協などが、地域産業の復興を目指すため、「食のみやぎ復興ネットワーク」を2011年7月に結成しました。みやぎ生協はその事務局を担い、様々な商品プロジェクトを立ち上げて栽培や商品開発、イベント開催を通じて生産者を応援しています。また、みやぎ生協の子会社、株式会社東北協同事業開発から2015年秋にブランド「古今東北」が誕生し、東北各地から集めた選りすぐりの食材や加工品を紹介しています。


 
 お問い合わせ先】
総務部機関運営課 五十嵐桂樹 022-771-1590
総務部 広報課 河端真唯 022-771-1590
 

組合情報メニュー
  • 生活協同組合とは?
  • ごあいさつ
  • プレスリリース
  • 概要
  • 関連団体へのリンク
  • コープ東北サンネット加盟生協
  • 首長・議員懇談会報告
  • 採用情報
  • 定款
  • 個人情報保護方針
  • 個人番号取扱い方針
  • 内部統制基本方針
  • 経営概況
メンバーとみやぎ生協でつくる広報&生活情報誌『RaKu:Me(ラクミー)』
〈東北の生協100店舗企画〉お得なキャンペーン
みやぎ生協フェイスブック
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバー登録が10万人を突破!60才になったらシニアメンバーがお得!
  • ベガルタ仙台レディース
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • ココエネ
  • プリントサービス(共同購入) 年賀状ver
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • COOPストーリー
  • レシピサイト
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場