プレスリリース

宮城県の伝統種『仙台白菜』 今季出荷ピークを迎えます 11/14(火)生産者の推奨活動 みやぎ生協幸町店

更新日:2023.11.10

みやぎ生協では、11月4日(土)から、宮城県の伝統野菜「仙台白菜」の販売が始まりました。これから出荷ピークを迎えます。
宮城県産の農産物の利用拡大を目指し、みやぎ生協幸町店で生産者による推奨活動を行います。


【仙台白菜と復興支援】
宮城県は、戦前まで「仙台白菜」の一大産地として全国に有名でしたが、傷つきやすく病気にも弱いなどの理由から、次第に栽培量が減っていきました。
しかし、東日本大震災の津波被害の後、塩害に強い仙台白菜に光が当たり、栽培が再び広がりました。その功績が認められ、2019年11月の大嘗祭では全国からの献上品の一つに選ばれました。

【推奨活動】 
大嘗祭で献上された仙台白菜の生産者、遠藤淳一さんが推奨販売をします。

日時:2023年11月14日(火)14:00~16:00 
会場:みやぎ生協 幸町店 農産コーナー(宮城県仙台市宮城野区大梶7-10)

【仙台白菜の概要】

発売期間  2023年11月4日(土)から収穫終了(12月上旬)まで
商品名  仙台白菜
価格  1/4切 100円 (税別)
商品特長 伝統種の松島純2号は栽培が難しいデリケートな品種で生産量は多くはありませんが、慣行種より葉が肉厚で柔らかく甘みが強いのが特徴です。
繊維の抵抗感が少ないのも魅力で、鍋料理や漬物のほか、サラダなど生でも召しあがれます。
みやぎ生協 取扱店舗 31店舗
【泉区】 黒松、高森、南光台
【青葉区】 桜ヶ丘、国見ケ丘、柏木、台原、ブランチ仙台、愛子、八幡町、錦町
【宮城野区】 幸町、榴岡、岩切、鶴ヶ谷
【太白区】 西多賀、富沢、柳生、八木山、太子堂
【若林区】 新寺、荒井
【石巻】 石巻大橋、蛇田
【仙塩】 大代、利府、塩釜栄町
【県北】 明石台
【県南】 白石、亘理、大河原


 

【お問い合わせ】
店舗商品部 農産部門 022-232-8731
機関運営部(広報担当) 022-771-1590

  • マイナビブログ2023
  • 土用の丑の日2024
  • 再エネ100宣言
  • MY COOP style
  • みやぎ生協のブログ
  • めぐみ野米農林水産省ガイドライン
  • ご予約メニュー(通常)
  • コープふれあい便 02
  • フードバンクバナー
  • かんたんタブレット
  • シニアメンバーがお得!
  • わくわく便
  • プリントサービス(宅配) 通常   (削除しないこと)
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • COOPストーリー
  • 夕食宅配サービス