プレスリリース

<2022年7月豪雨被害被災地へ> みやぎ生協「震災復興・災害支援金」から支援  災害ボランティアセンター(県内3か所)と災害ボランティア活動へ計100万円

更新日:2022.07.26

みやぎ生協は、2022年7月の豪雨災害で被害を受けた地域支援のため、100万円を拠出します。

1.被災地と県内の災害ボランティアセンターの現状
7月14日からの豪雨により、宮城県内では人的被害に加え、床上・床下浸水あわせて約2,000戸(21日現在)を超える住家被害がでています。
この状況を受け、大崎市、松島町、登米市では社会福祉協議会による災害ボランティアセンターが設置されたほか、加美町では災害ボランティアの募集を行い、被災者への支援活動を開始しています。

2.支援内容
設置された4市町の災害ボランティアセンターと災害ボランティア活動へ、「みやぎ生協震災復興・災害支援金等積立金」から支援金(寄付金)を拠出します。
災害ボランティアセンターと災害ボランティア活動の運営支援をとおして、一日も早い被害からの復旧を応援します。


【拠出金額・内訳(合計:100万円)】  
<大崎市、松島町、登米市> 各30万円 
<加美町> 10万円


【みやぎ生協震災復興・災害支援金等積立金とは】
東日本大震災の継続した復興支援と、他地域の自然災害や火災などの緊急事態に即応し、被災地及び被災者への金銭的支援を行うことを目的として2014年より積み立てています。


[お問い合せ]
生活文化部 022-218-3880
機関運営部(広報)022-771-1590

  • マイナビレディースブログ
  • みやぎ生協のブログ
  • MY COOP style
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー(通常)
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバーがお得!
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • COOPストーリー
  • プリントサービス(宅配) 通常   (削除しないこと)
  • 夕食宅配サービス