たのしいをおうえん みやぎ生協イベントひろば

NEW TOPIC

【お知らせ】子どもの事故を防ごう♪はさみなどの刃物で子どもがけがをしないために!

 「子ども安全メール from 消費者庁 Vol.606」より抜粋
 
 御家庭において、子どもが工作などで、はさみやカッターなどを使用する機会があると思いますが、消費者庁・国民生活センターには、医療機関(※)から、はさみやカッターなどの刃物で子どもがけがをした事故の情報が寄せられています。
事例1:はさみで厚紙をくりぬいて遊んでいたところ、誤って自分の指を切ってしまった。動脈と神経を損傷したため通院が必要となった。(6歳)

事例2:自宅で上の子が下の子のはさみを取ろうとしたところ、手を出した下の子の左親指が切れてしまった。(3歳)

事例3:保護者が文具のカッターを使用したあと、床に置いたまま台所で料理をしていた。子どもがそのカッターを持ち出し、左親指を1cm程度切ったため受診し、5針縫合を行い通院が必要となった。(2歳)

事例4:自宅で走り回って遊んでいたところ、ゴミ箱をひっくり返し、中に捨ててあった眉用のカミソリを右手に持って左前腕を4cm程度切ったため、縫合処置を行い通院が必要となった。(2歳)
 これからハロウィンやクリスマスなどのイベントを控え、装飾や衣装作りなどの工作の機会もあると思いますが、子どもが刃物でけがをしないよう、以下の点に注意しましょう。

〇子どもには正しい使い方を教えましょう。刃を握ったらけがをするなどの危険性も伝え、保護者の目の届く場所で使うようにしましょう。

〇きょうだいで取り合ったり、使用中に手を出してけがをしてしまう危険性がありますので、上の子どもが刃物を使用中は、下の子どもを近づけないようにしましょう。

〇小さな子どもがはさみなどの刃物を持ち出し、勝手に触らないように、手の届かない場所に保管しましょう。また、使用後はすぐに片付けましょう。

〇カッターの刃やカミソリなどを捨てる場合は、自治体の分別方法や出し方に従うとともに、子どもの手の届く範囲のゴミ箱には入れないようにしましょう。
(※)消費者庁は(独)国民生活センターと共同で、平成22年12月より、医療機関(令和4年10月現在で30機関が参画)から事故情報の提供を受けています(医療機関ネットワーク事業)。


・過去の関連メール
Vol.526 はさみなどの刃物を子どもが勝手に使わないように!
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/child/project_001/mail/20201022/

☆おすすめします☆
 
○「消費者庁 子どもを事故から守る!」公式ツイッターについて
様々な子どもの事故防止に役立つ情報を随時発信しています。
  =>https://twitter.com/caa_kodomo
 
 ○「子どもを事故から守る!事故防止ハンドブック」について
 消費者庁では、6歳以下の未就学の子どもに起こりやすい主な事故と、その予防法等をまとめました。保護者の方々、教育・保育関係者の方々はぜひご覧ください。(PCサイト)
 =>https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/child/project_002/
 
 ○ 子ども向け商品などのリコール情報を掲載しています。
 =>https://www.recall.go.jp/

記事一覧へ 前の記事へ 次の記事へ