子育てほっとステーション(子育てひろば・企画・学習会)

【お知らせ】子どもの事故を防ごう♪7月25日から7月31日は「子どもの事故防止週間」!

更新日:2022.07.26

 「子ども安全メール from 消費者庁 Vol.597」より抜粋
 
 消費者庁を含む関係10府省庁では、7月25日(月)から7月31日(日)までを「子ども事故防止週間」として、ポスターやSNSなどを通じて、子ども事故防止ポイントを呼び掛けていきます。

消費者庁からは、子ども転落事故について注意を呼び掛けます。
 転落事故は落ち始めて地面に着くまであっという間です。見守りは大切ですが、保護者が常に目を離さずにいることは難しく、仮に見ていてもすぐそばにいなければ拾い上げることは困難です。重大な事故を防ぐためには、子ども転落事故特徴を知り、事前対策を取ることが大切です。

子ども転落事故特徴>
○発達段階によって事故が起こりやすい場所や状況が変わる
○頭部から落下しやすい(小さな子どもは体大きさに比べて頭が大きく重心位置が高い)
○思わぬところに登ろうとしたり、いろいろな遊び方をする

子ども転落事故を防止するためポイント>
【遊具から転落】
・施設や遊具対象年齢を守る
・6歳以下幼児には保護者が付き添う
・危険な遊び方をさせない
子ども服装や持ち物に注意する(引っ掛かるおそれ)
・天候にも気を付ける(高温、雨による滑り等)
・遊具不具合や破損があれば、利用を控えて管理者に連絡する

【家具等から転落】
・できるだけベビーベッドに寝かせ、転落防止用柵は常に上げる
・転落二次的な事故を防ぐために、けがや窒息につながる物を周囲に置かない
・乳幼児用製品は取扱説明書に従いベルト等を適切に使用する
・一時的であってもテーブル等高さある所に寝かせない

【抱っこ・おんぶ等から転落】
・おんぶや抱っこをする時・降ろす時は低い姿勢で行う
・抱っこひもで前にかがむ際は、必ず子どもを手で支える
・抱っこひもバックル類留め具やベルト緩みを確認する

【階段等から転落】
・ベビーゲートを正しく取り付け、常に閉めてロックをかける
・設置したベビーゲートは定期的に確認する
・ベビーゲート対象年齢を超えたら使用をやめる

【窓・ベランダ等から転落】
子どもが勝手に窓を開けたり、ベランダに出たりしないように、窓には子ども届かない位置に補助錠を付ける
・窓やベランダ手すり付近に足場になるようなもを置かない
・窓、網戸、ベランダ手すり等に劣化がないか定期的に点検する
・小さな子どもだけを家に残して外出しない
・窓を開けた部屋やベランダでは小さな子どもだけで遊ばせない
・窓枠や出窓に座って遊んだり、窓や網戸に寄りかかったりさせな

子ども向け製品を入手する際注意点】
・安全に配慮された製品を選ぶ
・中古品は製品状態をよく確認し、取扱説明書も同時に入手


(参考)
令和4年度 子ども事故防止週間
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/child/weekly_2022/

子ども転落事故に注意!-落ちるまではあっという間です。事前対策で事故防止を-
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_061/
☆おすすめします☆
 
○「消費者庁 子どもを事故から守る!」公式ツイッターについて
様々な子どもの事故防止に役立つ情報を随時発信しています。
 ○「子どもを事故から守る!事故防止ハンドブック」について
 消費者庁では、6歳以下の未就学の子どもに起こりやすい主な事故と、その予防法等をまとめました。保護者の方々、教育・保育関係者の方々はぜひご覧ください。(PCサイト)
 ○ 子ども向け商品などのリコール情報を掲載しています。
 =>https://www.recall.go.jp/

  • 22クリスマスお正月予約バナー
  • マイナビレディースブログ
  • MY COOP style
  • 年賀状予約 2022
  • みやぎ生協のブログ
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー(通常)
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバーがお得!
  • COOPストーリー
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • プリントサービス(宅配) 通常   (削除しないこと)
  • 夕食宅配サービス