子育てほっとステーション(子育てひろば・企画・学習会)

子育てほっとステーション(子育てひろば・企画・学習会)

【お知らせ】子どもの事故を防ごう!真夏でなくても車内での熱中症に注意しましょう!

更新日:2020.10.08

子ども安全メール from 消費者庁 Vol.524」より抜粋
 

 秋になり、気候が穏やかな日々が続いています。子どもの車内での熱中症は真夏に発生しやすいですが、日本自動車連盟(JAF)のテストによると、10月で最高気温が約27度の比較的過ごしやすい気候でも、日が射すと車内温度は約48度、ダッシュボードは65度を超える高温となることがあることが分かりました。また、エアコンを使用して車内温度を適温(25度程度)にした後にエンジンを停止、締め切った状態で放置した場合でも、約1時間後の車内温度は、50度以上(51.3度)に達し、エアコンを使用していない車両とほとんど同じ温度まで上昇しました(※1)。
 これらのことから、秋などの比較的過ごしやすい時期でも車内に子どもを残すことは大変危険であることが分かります。たとえ数分であっても、車内に子どもを残すことは絶対にしないように心がけてください。

 また、消費者庁には医療機関(※2)から、子どもが自分で鍵を閉めて車内に閉じ込められる事故情報が寄せられています。車の鍵は子どもに持たせずに保護者が必ず管理しましょう。

事例:子どもが車の中から鍵を閉めてしまい車内に20分間閉じ込められた。救出後の体温は39度台で多量の汗をかいていた。(2歳)※事例は8月に発生

 子どもは体温調節機能が未発達なため、体に熱がこもり体温が上昇しやすい傾向があります。短時間で一気に温度が上昇する車内に、少しの時間であっても子どもを残したまま、車から離れないようにしましょう。


(※1)一般社団法人日本自動車連盟「車内の環境(車内温度/紫外線/空調)」
秋の車内温度 https://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/user-test/temperature/autumn
(※2)消費者庁は(独)国民生活センターと共同で、平成22年12月より、医療機関(令和2年9月末時点で27機関が参画)から事故情報の提供を受けています(医療機関ネットワーク事業)。


(参考)
・環境省×熱中症予防 声かけプロジェクト
https://www.hitosuzumi.jp/childペダルなし二輪遊具は、自転車に乗る前の幼児がバランス感覚を養える遊具として人気ですが、思わぬ転倒で子どもがけがをする事例が発生しています。
 


☆おすすめします☆
 消費者庁 子どもを事故から守る!」公式ツイッターでは様々な子どもの事故防止に役立つ情報を随時発信しています。 =>https://twitter.com/caa_kodomo

※みやぎ生協子育て応援ブログ「おさんぽ日和♪」はこちらからどうぞ♪

メンバー活動
  • みんなの居場所
  • What's new
  • ボランティアセンター
  • 募集&イベント
  • こ〜ぷ委員会・地域の活動
  • コープの産直『めぐみ野』活動
  • 食と食育
  • 子育て応援
  • 福祉の取り組み
  • 環境の取り組み
  • 家計・暮らしを守る取り組み
  • ユニセフ
  • 平和を守る取り組み
  • 文化会館・文化鑑賞会・セミナー・きっずすく〜る
  • 生協の文化会館「ウィズ」「アイトピアホール」
  • ウィズセミナー・きっずすく〜る
  • 蛇田店キッチンスタジオ「じゃんぷ」
新型コロナ対策実施中!みやぎ生協
心地よい&楽しい暮らしのヒントが見つかる情報誌『SCOOOP![スコープ]』
〈東北の生協100店舗企画〉お得なキャンペーン
みやぎ生協フェイスブック
みやぎ生協の活動を動画で紹介!コープチャンネル
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバーがお得!
  • ベガルタ仙台レディース
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • 年賀状印刷2020
  • COOPストーリー
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • ココエネ
  • プリントサービス(共同購入) 通常
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場