子育てほっとステーション(子育てひろば・企画・学習会)

子育てほっとステーション(子育てひろば・企画・学習会)

【お知らせ】子どものたばこの誤飲にご注意ください

更新日:2020.06.25

子どものたばこの誤飲にご注意ください
子ども安全メール from 消費者庁 Vol.509」より抜粋

 子どもは生後5か月くらいになると見た物に手を出し、思わぬ物を口に入れてしまうことがあります。消費者庁には医療機関(※)から、子どもがたばこを誤飲した事故情報が寄せられています。

事例1:キッチンのゴミ箱に捨ててあった加熱式たばこの吸い殻を、子どもが1cmほどかじってしまった。(0歳)

事例2:ガラステーブルの上にあった、加熱式たばこの吸い殻を子どもがかじっていた。(0歳)

事例3:たばこの吸い殻が入ったジュースの缶の中身をジュースだと思って少し飲んだ。(5歳)


 たばこを誤食した場合、吐き気、嘔吐、顔色が悪くなるなどの症状が出ることがあります。小さい子どもはたばこを食べてはいけないことを分かっていません。子どもは好奇心の赴くまま自分の気になる物を口に入れたがるようになります。子どもがたばこを誤飲しないよう、次のことに注意しましょう。

たばこや吸い殻は子どもの目に触れない場所や、手の届かない場所に保管しましょう(常に子どもの目線で確認しておきましょう。)。
飲料水の缶やペットボトルを灰皿の代わりに使用するのはやめましょう。
吸い殻をゴミ箱に捨てるときは、子どもの手の届かないところにゴミ箱を置いたり、吸い殻を直接捨てずビニール袋で包装するなど、子どもが取り出せないように工夫して捨てましょう。


 万が一、子どもがたばこを誤飲してしまった場合は、何も飲ませず、普段と違う様子があれば至急医療機関を受診してください。
 また、応急手当が分からないときや受診の必要性の判断に迷ったときは、日本中毒情報センター中毒110番に相談してください。

 「公益財団法人日本中毒情報センター中毒110番」
 大阪: 072-727-2499 (365日24時間対応) (情報提供料:無料)
 つくば: 029-852-9999 (365日9~21時対応) (情報提供料:無料)


(※)消費者庁は(独)国民生活センターと共同で、平成22年12月より、医療機関(令和2年5月末時点で27機関が参画)から事故情報の提供を受けています(医療機関ネットワーク事業)。

(参考)
・公益財団法人 日本中毒情報センター https://www.j-poison-ic.jp/
 

※みやぎ生協子育て応援ブログ「おさんぽ日和♪」はこちらからどうぞ♪

 

 

メンバー活動
  • みんなの居場所
  • What's new
  • ボランティアセンター
  • 募集&イベント
  • こ〜ぷ委員会・地域の活動
  • コープの産直『めぐみ野』活動
  • 食と食育
  • 子育て応援
  • 福祉の取り組み
  • 環境の取り組み
  • 家計・暮らしを守る取り組み
  • ユニセフ
  • 平和を守る取り組み
  • 文化会館・文化鑑賞会・セミナー・きっずすく〜る
  • 生協の文化会館「ウィズ」「アイトピアホール」
  • ウィズセミナー・きっずすく〜る
  • 蛇田店キッチンスタジオ「じゃんぷ」
新型コロナ対策実施中!みやぎ生協
心地よい&楽しい暮らしのヒントが見つかる情報誌『SCOOOP![スコープ]』
〈東北の生協100店舗企画〉お得なキャンペーン
みやぎ生協フェイスブック
みやぎ生協の活動を動画で紹介!コープチャンネル
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバーがお得!
  • ベガルタ仙台レディース
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • ココエネ
  • プリントサービス(共同購入) 通常
  • COOPストーリー
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場