子育てほっとステーション(子育てひろば・企画・学習会)

子育てほっとステーション(子育てひろば・企画・学習会)

【お知らせ】歯磨き中の歯ブラシでの喉突き等の事故に注意!

更新日:2020.06.12

歯磨き中の歯ブラシでの喉突き等の事故に注意!
子ども安全メール from 消費者庁 Vol.507」より抜粋
  

 虫歯予防や口の中の衛生のため、歯磨きは大切な生活習慣です。その一方で、消費者庁には医療機関(※)から、子どもが歯ブラシをくわえたまま転倒し、喉を突く等の事故情報が寄せられています。

事例1:歯ブラシをくわえたままの子どもが、寝そべっていた年上の子に乗り掛かって転倒した。子どもの口の中には歯ブラシが刺さっていて、保護者が歯ブラシを抜いたところ、先端に血液が付着していた。口の中を受傷し3日間入院した。(1歳)

事例2:自宅にて歯ブラシをくわえたまま転倒し、口の中に傷を負い出血した。経過観察の目的で1泊入院となった。(3歳)

歯ブラシによる喉突き事故等を防止するため、特に、事故が多い1歳から3歳頃までの子どもに歯磨きをさせるときは、次のことに気を付けましょう。

歯磨き中は、保護者がそばで見守り、歯ブラシを口にくわえたり、手に持ったまま歩き回ったりさせず、床に座らせて歯磨きをさせましょう。

子ども用歯ブラシは、喉突き防止カバーなどの安全対策を施したものを選びましょう。

保護者が仕上げ磨きをする際の仕上げ用歯ブラシは、喉突き事故のおそれがあるため、子どもには持たせず、子どもの手の届かない場所に置きましょう。


(※)消費者庁は(独)国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(令和2年5月末日時点で27機関が参画) から事故情報の提供を受けています(医療機関ネットワーク事業) 。


(参考)

・消費者庁 独立行政法人国民生活センター「子どもの歯磨き中の喉突き事故などに気を付けましょう!」


子育てほっとステーション情報はこちらからどうぞ♪

※みやぎ生協子育て応援ブログ「おさんぽ日和♪」はこちらからどうぞ♪

 

 

メンバー活動
  • みんなの居場所
  • What's new
  • ボランティアセンター
  • 募集&イベント
  • こ〜ぷ委員会・地域の活動
  • コープの産直『めぐみ野』活動
  • 食と食育
  • 子育て応援
  • 福祉の取り組み
  • 環境の取り組み
  • 家計・暮らしを守る取り組み
  • ユニセフ
  • 平和を守る取り組み
  • 文化会館・文化鑑賞会・セミナー・きっずすく〜る
  • 生協の文化会館「ウィズ」「アイトピアホール」
  • ウィズセミナー・きっずすく〜る
  • 蛇田店キッチンスタジオ「じゃんぷ」
心地よい&楽しい暮らしのヒントが見つかる情報誌『SCOOOP![スコープ]』
〈東北の生協100店舗企画〉お得なキャンペーン
みやぎ生協フェイスブック
みやぎ生協の活動を動画で紹介!コープチャンネル
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバーがお得!
  • ベガルタ仙台レディース
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • ココエネ
  • 2020こーすけキャラ弁コンテスト
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • プリントサービス(共同購入) 通常
  • COOPストーリー
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場