請求書・納品書・各種手続き

メンバー活動

みやぎ生協のエネルギー事業

〈みやぎ生協の環境理念〉

メンバー(組合員)と職員の活動や事業における取り組みを通して環境負荷の低減と自然との共生に貢献し、持続的に発展する社会づくりに寄与します。

(1) 原子力発電所の代替として再生可能エネルギーを中心としたエネルギー政策をすすめる
(2) 再生可能エネルギーの拡大を自らの事業として実施
(3) 発電事業以外の再生可能エネルギーの拡大への取り組み

その取り組みの一環として再生可能エネルギー発電所に出資又は融資を行い、その再エネ電力を調達・購入し、みやぎ生協の事業所で使用することでRE100(CO2排出0)の推進を目指しています。

津軽バイオマスエナジー 平川発電所 野田バイオマス発電所 コープ東北 羽川風力発電所 花巻バイオマスエナジー 花巻発電所 大仙バイオマスエナジー 協和発電所 福島市岡島ソーラーシェアリング発電所 田村バイオマスエナジー田村バイオマス発電所 横須賀バイオマスエナジー横須賀バイオマス発電所 年間全発電量再エネ発電所一覧 津軽バイオマスエナジー 平川発電所 野田バイオマス発電所 コープ東北 羽川風力発電所 大仙バイオマスエナジー 協和発電所 花巻バイオマスエナジー 花巻発電所 福島市岡島ソーラーシェアリング発電所 田村バイオマスエナジー田村バイオマス発電所 横須賀バイオマスエナジー横須賀バイオマス発電所 年間全発電量再エネ発電所一覧
  • 再生可能エネルギーってなに?
  • どうやって発電しているの?
  • 水素エネルギーについて教えて!

再生可能エネルギーってなに?

再生可能エネルギーとは、一度利用しても再生が可能であり、資源が枯渇(尽きてなくなる事)せず繰り返し利用できるエネルギーの事です。 温室効果ガスの1つであるCO2をほとんど排出しない為、 環境にやさしいエネルギーです。 太陽光、風力、水力、バイオマス、地熱などがあります。

世界中で温室効果ガスを削減する計画が進められています。パリ協定では、日本は2013年度比で2030年までに40%削減目標(スーパーや生協など)としています。みやぎ生協は2030年までに65%削減目標としています。

みやぎ生協の2030年目標に向けた3つのアプローチ

どうやって発電しているの?

  • 1.太陽光

    太陽から地上に降り注ぐ「光エネルギー」が「太陽電池」に当たると、
    「光起電力効果」※1「光電効果」※2と呼ばれる現象が起こります。光が照射される事で、太陽電池を構成している半導体の電子が動き電気が起きるのです。

    太陽光発電 概念図

    ※1:光起電力効果(ひかりきでんりょくこうか)とは・・・半導体と金属の接触面に光をあてると起電力が生じる現象。
       起電力とは電流の駆動力のこと。または、電流を生じさせる電圧の事です。
    ※2:光電効果(こうでんこうか)とは・・・物質に光を照射した際に、電子が放出されたり電流が流れたりする現象。

  • 2.風力

    風力発電機の上部に付いている「ブレード」と呼ばれる羽の部分に風が当たると、「ブレード」が回転し、その回転が「動力伝達軸」を通じて「ナセル」と呼ばれる装置の中に伝わります。「ナセル」の中では、まず「増速機」という機械がギアを使って回転数を増やし、回転速度を速めます。
    その回転を「発電機」で電気に変換しているのです。

    風力発電 概念図
  • 3.バイオマス

    「バイオマス」とは、動植物等の生物から作り出される有機性のエネルギー資源で、一般に化石燃料を除くものを総称しています。「バイオマス発電」といい、バイオマス燃料を燃焼する事でタービンを回し、発電機を動かすことで発電を行います。

    バイオマス発電 概念図

    ※間伐材・木くずは、建築材・製紙材の残材

水素エネルギーについて教えて!

みやぎ生協はCO2フリーの水素利活用を基本に進めています。

水素は、いろんな資源からつくることができます。
水素は、電気を使って水から取り出すことができるのはもちろん、石油や天然ガスなどの化石燃料、メタノールやエタノール、下水汚泥、廃プラスチックなど、さまざまな資源から作る事ができます。また、製鉄所や化学工場などでも、プロセスの中で副次的に水素が発生します。そして、エネルギーとして利用してもCO2を出しません。

日本は水素エネルギーに関連する高い技術を持っています。たとえば、「燃料電池」分野における特許出願件数は、日本が世界一です。水素社会の実現を進めることは、日本の産業競争力の強化にも役立つのです。また、そうした技術を海外展開することは、国際社会への貢献ともなります。

現在、みやぎ生協では富谷市において、地域連携・低炭素水素技術実証事業を行っています。富谷市にある物流センターの太陽光発電から作られた電気を使い、水を電気分解し、水素を取り出しています。作られた水素は、カセットに入れられ共同購入車両で各家庭、店舗、富谷市日吉台の児童クラブへ配達し電気エネルギーとして使用しています。CO2を排出しない未来都市をめざし、富谷市を実証フィールドにした本実証事業を東北地域や全国に向け発信していきます。

お問い合わせ先

再生可能エネルギーに関するお問い合わせ
環境の取り組みトップページへもどる
環境の取り組み
  • 環境理念・方針と取り組み報告
  • リサイクル活動
  • エコな生協事業
  • 再生可能エネルギー
  • リサイクルセンター
  • 環境に配慮した商品
  • こーぷの森づくり
  • みんなの省エネ
新型コロナ対策実施中!みやぎ生協
大学へ入学準備をお考えの保護者の皆様
全国各地の大学生協からのご案内
心地よい&楽しい暮らしのヒントが見つかる情報誌『SCOOOP![スコープ]』
〈東北の生協100店舗企画〉お得なキャンペーン
みやぎ生協フェイスブック
みやぎ生協の活動を動画で紹介!コープチャンネル
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • マイナビ仙台レディースブログ
  • コープふれあい便 02
  • フードバンクバナー
  • かんたんタブレット
  • シニアメンバーがお得!
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • ココエネ
  • プリントサービス(共同購入) 通常
  • COOPストーリー
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場