ニュース

「古紙リサイクルポイントシステム」の売り上げから子ども食堂に寄付を行いました

更新日:2024.03.28

みやぎ生協およびコープふくしまの店舗に設置している「古紙リサイクルポイントシステム」は、株式会社サイコー様とみやぎ生協が共同で運用しています。
2024年3月25日に贈呈式を行い、この売り上げの一部を宮城・福島県の子ども食堂に寄付しました。

9年目を迎えたこの取り組みは、東日本大震災で両親を失った震災孤児に寄付をすることからスタートしました。この子どもたちが大人になり独立しはじめたため、子ども食堂の支援へとステージを変えました。

未来を担う子どもたちの支援を、『リサイクル』という日常で誰もが気軽に取り組めることを通して実現していきます。


■寄付金額

  寄付先 寄付金額 古紙数量
みやぎ生協
(33店舗)
みやぎこども食堂ネットワーク様 736,780円 368,390kg
コープふくしま
(8店舗)
福島市子ども食堂NET様 135,720円 67,860kg

<みやぎこども食堂ネットワーク>
宮城県のこども食堂間の交流、研修、人材や食材のマッチング等の支援を通じてこども食堂の輪を広げている団体です。

<福島市子ども食堂NET>
福島市の子ども食堂の人材育成やネットワーク強化をすることで支援を繋げる仕組みを構築し、持続可能な子ども食堂を生み出している団体です。
 

■寄付金について 
持ち込まれた新聞、雑誌、ダンボール1㎏につき2円、集まった古紙量に応じて寄付しました。
(みやぎ生活協同組合1円/kg、株式会社サイコー様 1円/㎏)

※ SKグループ 株式会社サイコー様・・・古紙リサイクルポイントシステムの運用を行っています。


■寄付金贈呈式
2024年3月25日(月) みやぎ生協文化会館ウイズにて

受領側:みやぎこども食堂ネットワーク事務局  NPO法人ふうどばんく東北AGAIN 
副代表理事 髙橋 尚子様、副代表理事 富樫 花奈様

贈呈側:株式会社サイコー  代表取締役 齋藤 孝志様、
みやぎ生活協同組合 代表理事専務理事  尾川 輝敏 
                  


【古紙リサイクルポイントシステムとは?】
店頭に設置してあり、持ち込んだ新聞・雑誌・段ボールの量に応じてポイントが貯まり、割引券が発行される仕組み。お買い物ついでにお得に楽しくリサイクルがテーマです。
 

  • マイナビブログ2023
  • 土用の丑の日2024
  • 再エネ100宣言
  • MY COOP style
  • みやぎ生協のブログ
  • めぐみ野米農林水産省ガイドライン
  • ご予約メニュー(通常)
  • コープふれあい便 02
  • フードバンクバナー
  • かんたんタブレット
  • シニアメンバーがお得!
  • わくわく便
  • プリントサービス(宅配) 通常   (削除しないこと)
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • COOPストーリー
  • 夕食宅配サービス