ニュース

ニュース

【開催しました】学習会「水道事業が『民営化』されたら私たちのくらしはどうなる?」

更新日:2019.07.26

「水道事業が『民営化』されたら私たちのくらしはどうなる?」
7月18日フォレスト仙台で学習会を行い、185人が参加しました。

 

ドキュメンタリー映画「最後の一滴まで―ヨーロッパの隠された水戦争―」を鑑賞しました。この映画はヨーロッパの都市で、水道事業を民営化した自治体や 逆に再公営化により水道サービスを取り戻した自治体の姿が、取材やインタビュー形式で描かれています。

映画鑑賞後、アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表である内田聖子さんによる「水は誰のものか?日本と世界の水道民営化」というテーマの講演会が開催されました。内田さんは、世界の水道民営化の歴史や「水は人権」という国際市民社会の運動についてとてもわかりやすくお話しされました。

日本では2018年12月に水道法が改正され、宮城県は今後「みやぎ型管理運営方式」を水道事業に導入するとしています。蛇口をひねれば安全な水がいつでもどこでも出てくる日本。しかしそんな環境をこれからも続けていくためには、私たちも水道に関心を持ちしっかり考えていく必要があると思います。


※主催は 消費者行政の充実強化をすすめる懇談会みやぎ
 
この会は、みやぎ生協や宮城県生協連など7つの団体で構成されおり、安全・安心な食生活や消費者生活がおくれる環境を求め、食品の安全行政・消費者行政の充実強化をめざして活動しています。
 

日本の水道が抱える課題は「1.人口減少による水需要の減少」「2.水道施設の老朽化」「3.自治体の水道職員の減少」と内田さん。

日本の水道が抱える課題は「1.人口減少による水需要の減少」「2.水道施設の老朽化」「3.自治体の水道職員の減少」と内田さん。

「水は人権だ!という言葉がとても心に残りました。もっと多くの県民が知るべき情報だと思います」とたくさんの参加者から感想がありました。

「水は人権だ!という言葉がとても心に残りました。もっと多くの県民が知るべき情報だと思います」とたくさんの参加者から感想がありました。

メンバー活動
  • みんなの居場所
  • What's new
  • ボランティアセンター
  • 募集&イベント
  • こ〜ぷ委員会・地域の活動
  • コープの産直『めぐみ野』活動
  • 食と食育
  • 子育て応援
  • 福祉の取り組み
  • 環境の取り組み
  • 家計・暮らしを守る取り組み
  • ユニセフ
  • 平和を守る取り組み
  • 文化会館・文化鑑賞会・セミナー・きっずすく〜る
  • みやぎ生協の広報誌Able(エイブル)
  • 生協の文化会館「ウィズ」「アイトピアホール」
  • ウィズセミナー・きっずすく〜る
  • 蛇田店キッチンスタジオ「じゃんぷ」
メンバーとみやぎ生協でつくる広報&生活情報誌『RaKu:Me(ラクミー)』
〈東北の生協100店舗企画〉お得なキャンペーン
みやぎの赤ちゃんへ贈ります。『すくすくばこ』
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバー登録が10万人を突破!60才になったらシニアメンバーがお得!
  • ベガルタ仙台レディース
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • プリントサービス(共同購入)
  • COOPストーリー
  • レシピサイト
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場