募集&イベント

募集&イベント

【募集中!】宮城でできる!被災者支援ボランティア~災害被災地へ送る 「手作りキット」づくり

更新日:2019.09.07

みやぎ生協では、災害被災地のお茶会で会話や参加のきっかけとなる「手作りキット」を作るボランティアに取り組んでいます。
居ながらでも気軽にできるボランティアに、まずは一歩を踏み出してみませんか?どなたでもできます!

製作したキットは、2016年の熊本大地震や岩手県台風10号被害の被災地にお届けします。

日時 1021日(月)10:30~12:30
場所 みやぎ生協文化会館ウィズ(仙台市泉区八乙女4-2-2)
   ※公共交通機関でお越しください。
■参加費 無料 ※交通費等の支給はありません。
託児  無し(お子さん同席参加OK。※はさみなどを使いますのでご注意ください) 

作る物
「クラフトテープでつくるおひなさま」キット


■持ち物
「はさみ・じょうぎ」をご持参いただけると助かります。

※作るのは完成品ではありません。1人分ずつにセットした「キット」を製作します。

 
お名前、お電話番号をお知らせいただき、メール・FAX・お電話などでお申し込みください。(10/20締切)

 コチラからでもお申込みできます!→こちらをクリック!


 
お申し込み・お問い合わせ先:
〒981-3194仙台市泉区八乙女4-2-2 みやぎ生協文化会館ウィズ内
      みやぎ生協生活文化部 手作りキットボランティア係
FAX:022-218-5945  TEL:022-347-3826

 

■岩手県岩泉町内の様子(2019年6月)■ 2016年の台風10号被害を受けた岩手県岩泉町内では、被災から3年近く経った2019年6月でも、解体できずそのままになっている家もありました。

■岩手県岩泉町内の様子(2019年6月)■ 2016年の台風10号被害を受けた岩手県岩泉町内では、被災から3年近く経った2019年6月でも、解体できずそのままになっている家もありました。

■熊本県内の様子(2018年5月)■ 2016年の熊本地震被災地では、3年以上経過した2019年7月末でも、約9千人の方々がプレハブやみなし仮設住宅で暮らしています。

■熊本県内の様子(2018年5月)■ 2016年の熊本地震被災地では、3年以上経過した2019年7月末でも、約9千人の方々がプレハブやみなし仮設住宅で暮らしています。

岩泉町では、社協のみなさんが月に10回程度、町内各地でお茶会を開催されています。2019年6月に、みやぎ生協の理事と職員がそのお茶会を訪問し、交流しました。

岩泉町では、社協のみなさんが月に10回程度、町内各地でお茶会を開催されています。2019年6月に、みやぎ生協の理事と職員がそのお茶会を訪問し、交流しました。

生協くまもとの登録ボランティアのみなさんが6ヶ所の仮設住宅で「こーぷ喫茶」(サロン活動)を開催されています。2018年5月に、みやぎ生協の理事と職員が「こーぷ喫茶」を訪問し、交流しました。

生協くまもとの登録ボランティアのみなさんが6ヶ所の仮設住宅で「こーぷ喫茶」(サロン活動)を開催されています。2018年5月に、みやぎ生協の理事と職員が「こーぷ喫茶」を訪問し、交流しました。

2019年6月のキットづくりボランティアには、22名が参加しました。

2019年6月のキットづくりボランティアには、22名が参加しました。

材料を1人分ずつにセットし、メッセージを添えてお送りしました。

材料を1人分ずつにセットし、メッセージを添えてお送りしました。

  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバー登録が10万人を突破!60才になったらシニアメンバーがお得!
  • ベガルタ仙台レディース
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • プリントサービス(共同購入)
  • COOPストーリー
  • レシピサイト
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場