交流イベントレポート

交流イベントレポート

【実施しました】 「めぐみ野」志津川湾産生かき 産地研修会

更新日:2017.12.15

「めぐみ野」志津川湾産生かき 産地研修会
 
 11月8日(水)、店舗の水産担当者とメンバー合同で宮城県漁協志津川、「めぐみ野」かき剥き場を見学しました。「めぐみ野」生かきを生産している戸倉と志津川、両部会の部会長、副部会長と漁協の実務者に参加いただき交流しました。「めぐみ野」生かきは今年で20周年になりこれまでの思いや取り組み、苦労話しなど詳しくお話いただきました。とくに印象に残ったのは、東日本大震災から6年が経過し、さらにかきを生産するまでの衛生面の配慮や環境整備の見直しなど安全安心なかきをメンバーさんに届けようという生産者さんの思いです。
 
 参加者からは「志津川湾産生かきはタウリンが豊富で栄養価が高く肌にもよいことを知ることができた。出荷までの工程ではオゾンナノバブルに漬け込み徹底していることがわかった」「生産者の方のかきに対する熱い思い、今回の体験で分かったことと美味しさをかたりべとして伝え買い支えたい」「春先の4月~5月が一番身が大きくおいしいとのことで食べてみたい。ぜひ生協でも取り扱ってほしい」といった感想が寄せられています。
 
 今年は、10月22日・23日に宮城県内各地に被害をもたらした大型台風21号により、宮城県漁業志津川支所では、かき養殖いかだの流失、かきの落下など被害を受けました。「めぐみ野」生産者を支援するため、メンバー・職員に募金を呼びかけます。集まった募金は、被害状況等に応じて配分して贈呈し、被災された生産者に役立てていただきます。ご協力よろしくお願いします。


「めぐみ野」生産者台風21号被害緊急募金ご協力のお願い
<募金期間>
(1)店    舗      
(レジ募金12月20日(水)まで)
 

水揚げ後、12時間「殺菌海水槽」で浄化します

水揚げ後、12時間「殺菌海水槽」で浄化します

かき剥き工程を説明いただきました

かき剥き工程を説明いただきました

戸倉エリアのかき部会長 後藤清広さん

戸倉エリアのかき部会長 後藤清広さん

志津川エリアのかき部会長 行場博文さん

志津川エリアのかき部会長 行場博文さん

生産者さんに質問

生産者さんに質問

南三陸・海のビジターセンター 2016年11月にオープン。

南三陸・海のビジターセンター 2016年11月にオープン。

生協の商品
  • コープの産直は産消直結『めぐみ野』
  • 顔とくらしの見える産直『めぐみ野』商品
  • めぐみ野 旬菜市場
  • 食の安全・安心
  • コープ商品
〈東北の生協100店舗企画〉お得なキャンペーン
みやぎの赤ちゃんへ贈ります。『すくすくばこ』
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバー登録が10万人を突破!60才になったらシニアメンバーがお得!
  • ベガママプラスいいフレンズ日記
  • ベガルタ仙台レディース
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • レシピサイト
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場