プレスリリース

プレスリリース

3.11から6年“みんなのこと、わすれないよ” みんなと再建した ふじ幼稚園 園長先生の思い 講演会 2/25(土)日立システムズホール仙台

更新日:2017.02.21

宮城県ユニセフ協会は、2月25日(土)、東日本大震災の津波で被害を受けた「ふじ幼稚園」の園長先生による講演会「3.11から6年 “みんなのこと、忘れないよ”」を日立システムズホール仙台で開催します。
園長先生の鈴木信子さんには、犠牲になった園児たちへの思い、仮園舎や新園舎での保育のこと、園の防災の取り組みなどをお話しして頂きます。
 
【東日本大震災とユニセフの支援】
東日本大震災が発災し、ユニセフは日本ユニセフ協会を通じて約50年ぶりに日本を支援しました。発災直後は緊急支援物資の提供や小中学校への備品提供、児童生徒への学用品支援などが中心でしたが、その次に「幼稚園・保育所の再建」支援を行い、宮城県内では9ヶ所が再建しました。
その1つに、津波で被害を受けた山元町のふじ幼稚園があります。「震災後、幼稚園のあるべき姿を模索して途方にくれる毎日だった」という鈴木園長は、ユニセフからの支援に背中を押され、教職員や保護者の皆さまとともに園の再建に尽力され、現在も保育(園児119人)を継続しています。
 
3.11 ふじ幼稚園の被害】
東日本大震災の津波で、ふじ幼稚園の園庭に待機していた送迎用バスに乗っていた園児8人と職員1人、保護者に引き渡され帰宅した園児3人の計12人が犠牲になりました。震災から5ヶ月後には、町内の真庭区民会館を仮園舎として保育を再開し、翌年8月には、山下小学校向かいの国道6号線沿いに園舎が完成。設計は世界的に有名な手塚建築研究所の手塚貴晴氏・手塚由比氏が手掛け、木造平屋の特徴ある園舎です。

【講演会概要】

講演会名 3.11から6年 “みんなのこと、忘れないよ”
日時 2017年2月25日(土)10:30~12:00
会場 日立システムズホール仙台研修室2(2階)
(仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5  電話022-276-2110)
講演 「東日本大震災 ~ あの時のこと、これからのこと」
講師 鈴木信子さん(学校法人やました学園 ふじ幼稚園園長)
定員 60人
主催 宮城県ユニセフ協会  電話 022-218-5358


【お問い合わせ先】
生活文化部 022-218-3880
ユニセフ担当 022-218-5358
機関運営部 広報課 022-771-1590

組合情報メニュー
  • 生活協同組合とは?
  • ごあいさつ
  • プレスリリース
  • 概要
  • 関連団体へのリンク
  • コープ東北サンネット加盟生協
  • 首長・議員懇談会報告
  • 採用情報
  • 定款
  • 個人情報保護方針
  • 個人番号取扱い方針
  • 内部統制基本方針
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
みやぎ生協オリジナルキャラクター『こやぎのみやぎちゃん』
  • 積立増資2
  • コープ東北ネットショップ
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット(2年コース開始)
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバー登録が10万人を突破!60才になったらシニアメンバーがお得!
  • ベガママプラスいいフレンズ日記
  • ベガルタ仙台レディース
  • 新手作りカタログ
  • ご予約メニュー5%オフ
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • レシピサイト
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場