めぐみ野 商品

「めぐみ野」きゅうり

「めぐみ野」きゅうりの出荷時期・特徴

出回り時期 特 徴
3月~7月

産地は、JAいしのまき・JAみどりの(松山)が中心です。「めぐみ野」きゅうりの品種は、皮がやわらかい "ブルームきゅうり" で、浅漬けにすると、そのおいしさがよく分かります。出荷の規格を整理し、収穫後は畑でそのまま箱詰めされるため、傷みが少なく鮮度も良好。ブルームきゅうりは、トゲが鋭くて、触ると痛いぐらいなものが新鮮です。環境への負担が少ない農業をめざし、化学肥料の使用量は一般の栽培の半分以下です。また、使用する農薬を決めて一般の栽培の半分以下で栽培しています。

9月~11月
ブルーム
きゅうり

今ではあまり見かけなくなった「ブルームきゅうり」。きゅうりの表面の白い粉状のものは「ブルーム」と呼ばれ、きゅうりの水分が蒸発するのを防ぐために、きゅうり自身が出すものです。ブルームに守られたきゅうりは、みずみずしく、皮が柔らかいのが特徴です。

「めぐみ野」きゅうり収穫作業

  • ①選別

    収穫しながら、選別して箱詰めします。

  • ②箱詰め

    出荷規格の簡素化を図り、収穫をしながら箱詰めするので痛み防止、鮮度保持になります。

生産者情報

JAいしのまき 福祉園芸協会(石巻市)

味と香りにこだわった自慢のきゅうりです。

東日本大震災の津波で大きな被害を受けましたが、全員が復旧。おいしいと言ってもらえるきゅうりづくりに、決意も新たに取り組んでいます。

前列左より:平山敏行さん、大橋啓一郎さん、山田幸雄さん

後列左より:阿部敏彦さん、鹿野慶悦さん、阿部貞雄さん

JAみどりの 松山園芸協会(大崎市松山地区)

食感、味、風味の違いを感じてください!

長年、きゅうりづくりに取り組んでいましたが、「めぐみ野きゅうり」に取り組み、ブルームきゅうりの栽培を始めました。ブルームきゅうりのおいしさには、生産者も自身を持っています。

【松山町めぐみ野きゅうり】
佐々木美由紀さん、川岸光子さん、相澤初子さん、相澤とし子さん、吉田卓也さん