お知らせ

お知らせ

【実施しました】災害被災地へ送る「手作りキット」づくりに、多くのボランティアが参加しました。

更新日:2018.11.14

新年にむけた「お正月かざり」の手づくりキットを作りました。

新年にむけた「お正月かざり」の手づくりキットを作りました。

災害被災地でのお茶会では、小物づくりが参加のきっかけになったり、場を和ませることがあります。みやぎ生協のふれあい喫茶にも、全国の生協からキットが送られていました。
その
恩返しの思いも込め、他の災害被災地へ送る手作りキットづくりのボランティアを呼びかけ、10月、県内各地から計39名のみなさんが参加しました。
 
はじめに、みやぎ生協ボランティアセンターの取り組みや、2016年の熊本地震や台風被害を受けた岩泉町の現状、現地で開かれているお茶会の様子を学習。その後、お住まいの地域が近い方どうしでグループになり、ひとつひとつのパーツを作って1人分ずつにセットしました。作ったキットは、生協くまもとと岩泉町社協で開催されているお茶会へ、10月末にお送りしました。
 
参加された方からは「少しでも力になればと思う」「もっと協力できるのでまた声をかけてほしい」「自分ができることで参加できた」などの声が寄せられました。
12月20日(木)にも、同様のボランティア活動を行います。参加希望の方は、みやぎ生協ボランティアセンターまでご連絡ください。

みやぎ生協では、今後も、災害被災地への支援をつなげていきます。 
 

参加者は、映像で被害の様子や現在の状況説明を熱心に聞かれていました。

参加者は、映像で被害の様子や現在の状況説明を熱心に聞かれていました。

参加者からは「協力できてよかった」と話してくださいました。

参加者からは「協力できてよかった」と話してくださいました。

テーブルごとに、違うパーツを担当しました。

テーブルごとに、違うパーツを担当しました。

材料には、ビストロラウンジCosteria(コステリア)に飾った「仙台七夕」の和紙を再利用。

材料には、ビストロラウンジCosteria(コステリア)に飾った「仙台七夕」の和紙を再利用。

小さなパーツは、紛失防止のため小袋に入れて、作り方といっしょに大袋へ。

小さなパーツは、紛失防止のため小袋に入れて、作り方といっしょに大袋へ。

次回は、12月20日に開催します。みなさまのご参加をお待ちしています。

次回は、12月20日に開催します。みなさまのご参加をお待ちしています。

くらしのサポート
  • 東日本大震災からの復旧・復興をめざして
  • 食のみやぎ復興ネットワーク
  • こ〜ぷふれあい便
  • 移動店舗 せいきょう便
  • コープフードバンク
  • くらしと家計の相談室
  • 社会福祉法人 こーぷ福祉会
  • 株式会社 宮城県学校用品協会
引越し先でもコープの宅配
メンバーとみやぎ生協でつくる広報&生活情報誌『RaKu:Me(ラクミー)』
〈東北の生協100店舗企画〉お得なキャンペーン
みやぎの赤ちゃんへ贈ります。『すくすくばこ』
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバー登録が10万人を突破!60才になったらシニアメンバーがお得!
  • ベガルタ仙台レディース
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • プリントサービス(共同購入)
  • 積立増資2
  • COOPストーリー
  • レシピサイト
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場