お知らせ

お知らせ

【お知らせ】「夜の森(よのもり)さくら日記 1」

更新日:2018.08.08

「夜の森(よのもり)のさくら」は元気に大きくなっています。

みやぎ生協文化会館ウィズ入り口前に、5月18日(金)に植樹した「夜の森さくらプロジェクト」の桜の苗木。
これから、この「夜の森さくら日記」で成長の様子などをお知らせしていきます。(隔月予定)

さくらの木は、梅雨にも猛暑にも負けず、新しい葉も伸びて、元気にどんどん大きくなっています。周囲には、柵を設けました。
 
みやぎ生協文化会館ウィズには、「震災や原発事故を忘れない、風化させない」ために、東日本大震災 学習・資料室」も設置されています。どなたでもご覧いただけますので、お近くにおいでの際はお立ち寄りいただき、「夜の森のさくら」と共に、ご覧ください。


 
福島県富岡町夜の森地区に、町のシンボルでもあり、富岡町民はもとより富岡町に関わる全ての方々の心の拠り所となっている桜並木があります。約2.2kmにわたって樹齢100年を超えるといわれるソメイヨシノが並ぶ「桜のトンネル」になっています。

富岡町では、2011年の東日本大震災および原子力発電所事故の影響により、一時、全町民が避難を余儀なくされましたが、2017年4月に大部分の地域は避難指示が解除されました。ふだんのくらしが戻るにはまだ多くの課題がありますが、この桜並木も、帰還困難区域に含まれない約300mの区間では、見事な桜を見ることができます。
 
この「夜の森」の桜が、避難先で、また、富岡町に心を寄せてくださる方々の近くで、美しく咲き続けることができるようにと、福島県農林種苗農業協同組合の発案で、この桜の直系子孫を全国に広めていくプロジェクトが「夜の森さくらプロジェクト」です。
 

 

5月18日の植樹の様子。

5月18日の植樹の様子。

6月16日 被災地スタディツアーの参加者が、東日本大震災学習・資料室を見学後、立ち寄られました。

6月16日 被災地スタディツアーの参加者が、東日本大震災学習・資料室を見学後、立ち寄られました。

7月4日 梅雨が明け、新芽も出てきました!!

7月4日 梅雨が明け、新芽も出てきました!!

8月2日の様子。45cmも伸びました。立札と比べてみると大きくなっているのがわかります。

8月2日の様子。45cmも伸びました。立札と比べてみると大きくなっているのがわかります。

くらしのサポート
  • 東日本大震災からの復旧・復興をめざして
  • 食のみやぎ復興ネットワーク
  • こ〜ぷふれあい便
  • 移動店舗 せいきょう便
  • コープフードバンク
  • くらしと家計の相談室
  • 社会福祉法人 こーぷ福祉会
  • 株式会社 宮城県学校用品協会
みやぎ生協『メンバー加入』WEB申込み受付中!
メンバーとみやぎ生協でつくる広報&生活情報誌『RaKu:Me(ラクミー)』
〈東北の生協100店舗企画〉お得なキャンペーン
みやぎの赤ちゃんへ贈ります。『すくすくばこ』
とってもお得なメンバーコード付MiiCA(ミイカ)!
  • コープ東北ネットショップ
  • ご予約メニュー
  • コープふれあい便 02
  • かんたんタブレット
  • フードバンクバナー
  • シニアメンバー登録が10万人を突破!60才になったらシニアメンバーがお得!
  • ベガルタ仙台レディース
  • とうほくてしごとかたろぐ FUCCO 
  • アフタースクール太子堂(学校部)
  • CO・OP共済フォトコンテスト2018
  • レシピサイト
  • 夕食宅配サービス
  • 子育て広場