みんなの“わ” メンバー(組合員)の活動をご紹介

こ〜ぷほっとわ〜く助成金

目的

こ〜ぷほっとわ〜く助成金は宮城県内における地域福祉の向上をめざし、福祉活動に関わる地域住民・民間団体の自主的・非営利的で継続的な地域活動や研究活動を支援及び育成することを目的として助成を行なっています。

助成の対象となる事業

民間団体およびボランティアグループ・個人による、非営利の次のような活動に助成をします。

  • 高齢者、障がい者、児童の生活を支援する活動
  • 高齢者、障がい者、児童を支援する施設づくり(改装、備品の購入を含む)
  • 高齢者、障がい者、児童が住みよい社会をつくるという目的にそう調査・研究活動
  • 高齢者、障がい者、児童が住みよい社会をつくるという目的にそう交流集会、研究会、シンポジウムの開催および活動記録の作成。
  • その他、上記の目的を達成するために必要な事業。

助成の対象となる団体・個人

宮城県内で活動しており、法人格の有無は問いませんが、組織や事業の運営についての重要事項が決められており、代表者および所在地が決まっている団体およびグループ、個人を対象とします。

助成基準

  • 助成額は原則として50万円を限度とします。
    なお、講演会・フォーラム・演奏会などの開催に対しては、上限10万円をめどとし助成をします。
  • 公的な補助を受けている場合や他の機関の助成を受けている場合でもその事業の必要性によって助成の対象となりますが、助成申請の際、他機関からの助成の有無を明記してください。
  • 単年度、同一団体・同一グループ・同一個人への助成事業は一事業とさせていただきます。
  • 一団体・同一グループ・同一個人への助成は、原則として3回までとさせていただきます。

応募の方法

研究助成申請書に必要事項を記入し、みやぎ生協理事長宛に提出してください。
申請書の送付先は「みやぎ生協 生活文化部 福祉・文化活動事務局 こ〜ぷほっとわ〜く助成金係」とします。
申請書の内容は申請者(代表者もしくは個人)、事業名、目的、期間、予算、助成希望額など申請書の項目にしたがって必要事項を全て記入してください。
応募の締切日は上期7月20日、下期1月20日とします。
上期の助成は9月21日から翌年の3月までに事業を開始するものとし、下期の助成は3月21日から9月までに開始するものとします。過去の事業に対しての助成は行なっていません。

助成申請書記入の留意点
■助成申請団体・グループ・個人について
  • 各欄には助成申請団体・グループ・個人についての現状を記入してください。
  • (1)会則・規約あるいはこれに準ずる文書、(2)会計実績の分かる文書(前年度の決算書あるいは予算書)、(3)活動実績のわかる文書(前年度の活動報告あるいは活動計画)を添付してください。
■助成を申請する案件について
  • 案件名は、わかりやすい表題をつけてください。
  • 「助成事業実施期間」は申請した案件の実施期間のことです。
  • 「他機関からの助成の有無」は、同じ案件を複数の助成機関に申請した場合による重複を防ぐためです。ただし、費用を多く必要とする活動・研究で、計画的にいくつかの機関からの助成で実施する場合は対象とします。他の助成機関名と助成額を記入してください。
  • 「助成事業の収支予算概要」は助成を申請した案件の概略収支見積もりを記入してください。すでに予算計画書がある場合は、この項に概略を記入し、予算計画書を添付してください。
■その他の添付資料
  • 応募される団体・グループの広報資料、趣意書や代表者の経歴など、活動状況の分かるものがあれば添付してください。なお、添付書類はなるべくA4サイズに統一して頂きますようご協力をお願いいたします。

助成の決定と助成金の交付

  • 活動会員(支援する会員)や利用会員(支援を受ける会員)になるには

    応募された助成申請案件について助成審査委員会で審査を行い、結果は文書で通知します。申請案件について、事務局で予備審査を行います。その際、必要がある場合はさらに詳しい書類の提出をお願いすることや電話による照会、訪問調査をする場合があります。

  • 賛助会員になるには(会の趣旨に賛同していただける方)

    助成が決定した案件については、助成金贈呈式にて助成金の交付を行います。なお、申請者の意思を確認の上、指定された預金口座に振り込みます。助成金の振込みは原則として、上期は9月20日までに、下期は3月20日までに行います。

審査基準

  • 営利を目的とせず、市民の自主的主体的に行われている活動で社会性の高いもの。
  • 市民のネットワークづくりを促進するもの。
  • 市民の福祉に関する意識向上に役立つもの。
  • 地域福祉に関する新しい発想に基づく研究活動。

報告書の提出

助成を受けた申請者は、助成事業実施期間終了後2ヶ月以内に、みやぎ生協理事長に対し実施内容(事業実績)、会計(収支の結果)についての報告書を提出していただきます。
報告書の送付先は、みやぎ生協生活文化部福祉・文化活動事務局こ〜ぷほっとわ〜く助成金係とします。
報告書は、 PDFファイル・Wordファイル をダウンロードしてご記入ください。

報告集の作成

前々年下期と前年上期の活動報告書をまとめた活動報告集を、6月末に作成し、関係各位のほか、希望される方へ配布します。

お問い合わせ先

こ〜ぷほっとわ〜く助成金 お問い合わせ
  • シニアメンバー登録が10万人を突破!60才になったらシニアメンバーがお得!
  • ベガママプラスいいフレンズ日記
  • ベガルタ仙台レディース
  • 食のみやぎ復興ネットワーク
  • コープ宅配買い取りサービス
  • ネット注文ありがとうキャンペーン
  • メニューナビ
  • コープふれあい便 02
  • 子育て広場
  • 積立増資